スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
夢から現へ、現から夢へ
  最近、電車とかで居眠りすると、覚醒する時に全く別のシチュエーションからなので、目に飛び込んでくる情報とのかい離が大きく、かなり混乱する。 バスの乗っていたはずが、電車で目が覚めるのですごく混乱する。 しかも、ここはドコ?は激しくて混乱に拍車がかかっている。 今朝も、バスの中で豚まん食ってるという夢から目が覚めたので、なぜ電車の乗っているか理解できず。 パラシュートなく、まっすぐに落ちていくときに感じるであろうパニックな感じを味わっている。

 今朝もなぜかベッドで180度回転していて目が覚めた。枕は足元。 ベッドメイキングから察すれば、なぜこうなってるか意味不明。 よく落ちなかったものである。 

 ビョーキが新たな局面に入ったのか? 不安..

| 夢物語 | 13:03 | comments(0) | - | pookmark |
ロシア人とターキーを食べた
今朝の起き抜け、以下のような夢をみた。
スーパーに出店しているロシア人のスモークターキーを巡ってロシア人ののオヤジと口論になった。 場所は北方の何処かの街でなぜかロシア語ですごい勢いで喋っている。 ロシア人の後ろには小さな女の子が泣いている。
オヤジに何故泣くのかときいたら、この子は貰い子で、言い合いの場面をみると泣くのだ、という。 オヤジに「俺らの言い合いはこの子の不幸ではないか。お互い言いたいコトは後でやるとして今はやめないか」と提案した。オヤジは「お前のいうコトは正しい。 俺らのいさかいを見せるコトはこの子をいぢめてることになってしまう。 オレはそんな男になりたくない。」と言った。
オヤジに「ウォッカでも持ってないか? 乾杯すれば仲直りしたと彼女も思うだろう。 で、オレは自分お言いたいことはすっぱり引っ込める。お前も我慢しろ。」オヤジは「それは問題の本質的な解決ではない。先送りだ。だが、この子が泣いているのが止まることはそれよりよいことに思える。では、酒の金は出せ。スモークターキーは商売なしでみんなで食う。これでチャラだろう。」

賛成して、ロシア人のオヤジとぎここちなく「カンパーイ」。 ターキーを肴に飲み出した。 何杯飲んだか判らない。

気がついたら、女の子がオヤジの後ろから覗いている。オヤジに「声かけてやってくれ。一緒に食べるように言ってくれ。」と言った。
オヤジは振り向き、何事か言い聞かせている。 女の子がにっこり笑ってオヤジの後ろから出て来て自分をみている。 どう言っていいか判らなかったが、「ゴメンよ。辛い思いをさせたね。」
女の子は初めて口を開いた。そして一言だけ言った。「オジサンは怒っていないの? 我慢してない?」 鋭いガキだと思ったが、コッチからオヤジに言い出した手前があるので「怒るのはやめたんだよ。 怒って話しても何も解決しないから、君が泣き止むためにやめようとオヤジさんに言ったんだよ。」と言った。

「オジサン、正直ね。でも、ありがとう、私のために。」




この瞬間目が覚めた。 なんなんだ、この夢は。
| 夢物語 | 11:46 | comments(0) | - | pookmark |
夢の続き 3
 爺さんと別れたから3ヶ月が過ぎた。 自分のシンガポール駐在も年内まで、と内示があってヒマどころか、死ぬほど忙しくなってしまった。 爺さんには手紙を書いた。 すまないが事情で帰国になった。でも約束は忘れたわけじゃないから、必ずタイに行くから、しばらく待ってくれ、と。

 いよいよ、明日は帰国と言う段になって携帯電話が鳴った。 ケータイを鳴らすのは日本においてきたカミサンか、両親とボス、そしてサラム位である。 出てみると、ボストンの弁護士でウィルソンだと名乗って、トンプソン氏が米国帰国中に亡くなったこと、そして自分が出した手紙があり一緒に遺言状があって、手紙の持ち主を呼んで遺産を贈ることを本人に直接伝えてくれと書かれているという。
 信じることが出来ないし、新手の詐欺かと思って、カネも時間もない、と言うと航空券を送るからそれで来い、という。 年末年始の休みもあるし、パスポートもある。 アナポリスは行ったことがあるがボストンは行ったことが無い。 じゃあ、航空券を送って来い、と言うと日本の代理のエージェントを派遣するから、そいつから航空券を受け取って欲しい、エージェントに連絡させる、とのこと。

 翌日、有名弁護士事務所から電話がかかってきた。 ウィルソン弁護士の件で航空券を渡したいので会いたいという。 益々怪しい。
 しかし、トンプソン氏の死亡記事はU.S.A. Todayで確認した。 かのジム・トンプソンの甥っ子らしい。 それで、何らかの方法でシルクで有名なジム・トンプソン社を経営し、何かの理由で追い出されて、シンガポールでホームレスだったのだ。 しかしよくあの国でホームレスやっていたな、と思った。 程なくして男が来て、航空券をおいていった。 正規オープンチケットでビジネスである。 何がなんだかわからない。 直接ウィルソン某から話を聞こう、と思って、渡米した。 15の時にダラスにいたことがあるのだが、東部はずいぶん雰囲気が違う。 ある意味ヨーロッパ風なところがあったりする。 ボストンに着いて予約されたホテルにチェックインした。 翌日、迎えの車がホテルにやってきた。 乗り込んで郊外へと出て行く。 大きな門があるところで止まり、ゲートが開くと中にクルマは入った。 運ちゃんは、ドアベルを鳴らせば人が出る、という。 撃たれないだろうな、と聞いたら、自分が撃てばそうなるかもしれないが、そんなことは無い、と請負った。

 古い欧風の玄関扉の前にたっている自分。 呼び鈴を押すと古風なその重厚なドアが開き、白髪白眉で立派な髭を蓄えた執事のような男性が招き入れ られ、革の背表紙の本でいっぱいの部屋に通されて待たされた。 しばらくすると別のココの主と思われる若い男性が出てきた。 ピンストライプのネイビーカラーのスー ツ、立派な靴を履いている壮年の紳士だ。(以下の会話は英語で行われた)
「弁護士です。 遺産の相続の方、ふぇりっくすさんですね。」
「ええ。でも頂いた手紙には覚えがないんです。」
「ここに故人の遺言があり、あなたに財産を遺贈すると書かれています。」
「これを見てください。」
弁護士は私の署名が入った黄ばんだ手紙を出してきた。これは私の出した手紙だ。

 遺言状も見た。 この若者(自分のことだ)が通りかからず、私がシンガポールの路上で倒れて死んでいれば、伯父の残したジム・トンプソン社は永遠にトンプソン家から離れてしまっただろう。 しかし、この若者のおかげで、会社を取り戻すことが出来てずいぶんと金を残したが使い道が無い。 会社は若い跡取り息子に渡せば済むが、命を救ってくれた若者には何も出来ていない。 若者は自分で見ないと信じないからいくら費用がかかっても呼んで話がしなければならない。 死後に会社以外の財産を精算して半額を一族へ、半分をふぇりっくすに渡すこと、と記されていた。

「遺産というけれど、一体どういうことなのか判らない」と自分。
「トンプソン氏は、よく回りの方へあなたが取った行動を話していたそうです。遺族の方も納得していますし、遺産の半分と会社は遺族のものなので問題ないでしょう」弁護士は淡々と語った。
「自分でないとならないのですか?」と改めて訊いた。
「ええ、そう書いてありますし、この文書は法的な問題がまったく無いのです」と弁護士
「では、金額は?」
「そうですね、約200万ドルです」
「そんなカネ、もらうのはおかしい」
「故人の意思ですから。」

話が複雑すぎてよく判らないが、外に出て考えても良いか? 時間をくれというと、庭に案内された。
庭はよく手入れがされていたが、雪が降ってき始めて、とても寒い。

 寒い、寒い、と思って気がつくと、布団の上に座っている自分に気がついた。 何かでストレスがまだたまっているのか? しかし、この長い夢はナンだろう? 中学3年の時も長い夢を見た、これも余りにも鮮明なので日記に書いたら、B4ノート5ページの力作だった。

 今回はかつての記憶がぐちゃぐちゃに混じって出てきた感じだ。 会話が全て英語だったこと、凄い臨場感があった。 だが自分はシンガポールでは人助けをしたことは無い。 JBで乞食の母子に小銭をくれた位である。 なんなんだ、このリアルな夢は??

 初夢でなくて良かった。


| 夢物語 | 00:24 | comments(0) | - | pookmark |
夢の続き 2
 必死の思いで病院の入り口をくぐった。 血だらけの汚い爺さん担いでいるので、あっという間の人だかり。
「ER、ERだよ」と叫ぶ。
すると人垣が割れて、ERの人らしき人がタンカ持ってやってきた。 
「またこいつか」 タンカ運びの一人が言う。
「え、どういうこと?」
「この爺さん、ぢ、なんだよ。 ぢ、の所がキレて出血してるのさ。 でも病院いやらしくてさ、手術済んだらスグ逃げちまってカネ取れなかったらしい。」
「カネはどうするの?」
「運び込んでくれて嬉しいけど、爺さんカネないんだよ。 アンタ持ってきたんだ、替わりに払ってくれ」
「え、俺なの?」
「ヤッカイなことに感染症になってしまうから、手も入れるからね。 500ドルだよ。」
「500かよ。 ココは保険が無いんだな。 俺が払わなきゃいけない法はないだろう?
「ヤッカイ事持ってきたことには違いない。責任だよ」
 ぐうの音も出ないこと言いやがって... 
「オルライト。500払う。その代わり爺さん脱走させて同じコトさせないようにしてくれないか」
「キャッシュならOKだ。 カードなら700だ。」
「わかった、判ったよ。 500だ」 と500ドルを渡す。 駐在員の自分ならちょっとした金額だが、現地では大金だ。 1週間分の平均給料だ。
「OK。アンタはいい奴だな。 神様の恵みがありますよう」
 こいつの神が何かわからないか、アラーでもキリストでもなんでもいい、爺さんしななければ。

 汗と血と汚臭にまみれて遅刻してオフィスに着いた。 受付嬢は目が点になっている。
 デスクに着くと、向かいのジェニー・フワ嬢が聞いた
「ホームレスとケンカでもしたの?」
「行き倒れのぢのホームレスを病院に担ぎ込んだのよ。 そしたら俺が金を取られたよ。 この国には福祉が無いのか?」
「福祉はあるわよ。IDカードがないと何も治療は受けられない。 マウント・エミリーの病院でしょ? あそこは貧窮院もあるから、500シンドルで済んだのよ。他だったらまとめて放り出されてるわよ」
「ふーん」
「それにしても汚くて臭いわよ。ボス中村にはテキトーに言っておくから、帰って出直してきたほうがいいわよ。 既に噂のタネになってるんだから」
「サンキュウ、ジェニー」

 とりもなおさず、ウチに帰ろうとしたら運転手頭のサラムが受付にいる。
「ミスタふぇりっくす。 話は聞いたよ。ハラージュをなさったらしいね。あの爺さん、有名人なんだよ。昔はロールスのリムジンでビズの打ち合わせにココに来ていたらしいが、騙されて会社をのっとられてあのざまなのさ。 キミはこのサラムが助けてあげよう」
 サラムはモスレムだが、なぜか自分を赴任当初からかわいがってくれている初老のマレー人だ。 好意に甘えてサラムの運転するリムジンで自宅へ取って返す。
「シャワーを浴びて着替えておいで。また会社に連れ戻すようにジェニーに言われてる」
「オルライト。 10ミニッツだ」

帰りの車中、サラムに訊いた
「あの爺さん、どういう人なんだい?」
「噂では、ジム・トンプソンらしいが、判らない。トンプソン自身、生死がハッキリしない人だから。」
「アレはタイの話じゃないの?」
「タイで会社をのっとられて、ここ、シンガポールに流れてきたらしい。」
「ただの行き倒れじゃないのか」
「噂だから真相はわからない。」
「......」

 この時はこれで終ってしまった。





 3ヶ月ほど後、受付が来客だと言う。 今日はアポが無い、というと、相手は年寄りでオマエが来るまで帰らないと言ってるからどうすると訊いてきた。行く、と答えて受付に行った。

 麻のスーツに身なりもこざっぱりした初老の紳士が待っていた。 こんな奴は知らないぞ、と思いつつ、挨拶をする。
「どういったことでしょうか?」
「キミはワシの恩人だ。 この間はありがとう」と頭を下げる老紳士。
「待ってください。私は身に覚えが無いんです。間違いではないですか」
「キミは忘れてしまったのか? 血まみれで行き倒れかけていたワシを病院に担いでくれたのが君だったんだ。3ヶ月前の今日さ」
記憶を探る。  え”−、あの血だらけ爺さんかよ!!
「あれは、たいしたことではありません。500ドルで命を買ったと思えば安いし、自分もああなるかもしれない。 その時には助けてもらいたいからやったようなもんで礼をいわれほどのことじゃないと思うんです」
「いやいや、あの後、病院ではキミが言いつけたとおり、治るまで面倒を見てくれた。 よくなって、日銭稼ぎの仕事で病院のツケを払って、これからタイへ戻る。 その前に恩人に礼を言いに来ただけじゃ。 その時もことも含めて、これを受け取ってくれないか?」と老紳士は小切手を取り出して手渡してきた。 額面5000シンドル。
「それは、わざわざ恐縮です。 でもアレはこんなカネに換算するものほどではない。 それにこんな大金どうされたんですか」
「働いた、ということだよ。受け取ってくれ。」
「救急車のまねごとに5000シンドルの大金が見合うんですか。僕は金に困ってないわけじゃないが、受け取る理由が見つけられないし理解できない。」
「そうだと思うのか? お前さんは、ワシの命を取り戻したんだぞ。」
「結果はそうでしょう。でもそれを目的にやったけど、それは代価は換えられないことだと思う。5000シンドルは安すぎやしませんか?」
「もっと金をよこせというのか?」
「違います。金に換えられないということをわかってほしいだけです。」
「ふむ。じゃあ、君のビズが暇になったら連絡をくれないか」爺さんは名刺を取り出した。

マイケル・トンプソン

え、シルク王はジム・トンプソンだったよなあ??
「解りました。連絡をします。ここからタイなら遠くない。お訪ねします。その時にメシをおごってください。それでチャラです。」
「お若いの、約束だ。」
「はい。」

つづく
| 夢物語 | 19:56 | comments(0) | - | pookmark |
 今朝の冷え込みはきつかった。 起きることが辛いorz 目が覚める直前の夢を覚えているので書き出してみよう。

 いきなり古い欧風の玄関扉の前にたっている自分。 呼び鈴を押すと古風なその重厚なドアが開き、白髪白眉で立派な髭を蓄えた執事のような男性が招き入れられ、革の背表紙の本でいっぱいの部屋に通されて待たされた。 しばらくすると別の主と思われる男性が出てきた。 ピンストライプのネイビーカラーのスーツ、立派な靴を履いている壮年の紳士だ。(以下の会話は英語で行われた)
「弁護士です。 遺産の相続の方ですね。」
「ええ。でも頂いた手紙には覚えがないんです。」
「ここに故人の遺言があり、あなたに財産を遺贈すると書かれています。」
「これを見てください。」
弁護士は私の署名が入った黄ばんだ手紙を出してきた。これは私の出した手紙だ。
覚えている。記憶がよみがえってきた。

 故人は有名なブランドのデザイナーであり創始者だといったが、それがホントとわかる時まで、どうみても小汚い白人の爺さんだった。放心したようにシェントンウェイの街をさまよっている彼はいつも通勤時に私のオフィスへの途中で小汚い犬を連れていた。
 ある朝、いつも用にその爺さんと出くわした。血がズボンから滴っている。
「御仁、あなた出血している。大丈夫か」と私。
「あ、ホントだ。いつものことだ、大丈夫だよ」
「何言ってるんだ、アンタ。 血を止めないとショックで死んじまうぞ。すぐそこは病院だからERに行こう」
「これくらいじゃ死なないよ」
「死んでから実感したんじゃ遅すぎる」
会社に行くことよりも爺さん救う方が先だ、と直感が私を急かした。
「爺さんが死んでも俺には関係がないが、困る人はいるんじゃねえか?」
「・・・・・・」
「なっ、爺さん、俺に免じて病院に来てはくれまいか。金は心配いらない。身元もワーキングビザがあるからたぶんオルライトだ。」
「・・・・・・」
「解らねえ爺さんだな。命は大切に使えば、死ぬまで使える。」
「・・・・・・」
「勝手にしな」
私はオフィスへ向かった。が、三歩も進まないうちにドサッという音が後ろから聞こえた。振り向くと爺さんが倒れている。
「をわ、爺さん言わんこっちゃねえ」駆け戻って声をかける。
「爺さん、おい、爺さん」
ケータイを取り出して救急車を呼ぶが異国の地。うまく英語で伝わらない。必死で話をするが電話を切られてしまった。 仕方がない。 臭いじいさんを背負って病院へ向かう。 痩せてる割に重い。 ふらつくし、汗と爺さんのにおいが混じる。 おっはじめた以上最後まで責任がある。こいつは無為に死んじゃいけない、その気持ちが自分を駆り立てる。

続く(つか、書き疲れ)

| 夢物語 | 18:27 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
A LONG VACATION 30th Edition
A LONG VACATION 30th Edition (JUGEMレビュー »)
大滝詠一
2枚目のカラオケ版がいいのだ!
RECOMMEND
コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラック (1歳~11歳頃対象) 軽量&省スペース設計
コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラック (1歳~11歳頃対象) 軽量&省スペース設計 (JUGEMレビュー »)

競合製品に比べてよく作りこまれている。ロングセラーの訳アリ。ネットでも実店舗でもディスカウントが行われているようです(2016/3/20現在)
RECOMMEND
カンガルーの保冷・保温やわらかシート
カンガルーの保冷・保温やわらかシート (JUGEMレビュー »)

案外、買わなくても工夫次第では自作可
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ASUS ノートパソコン TransBook T90CHI-3775 Windows10/8.9インチ/ダークブルー
ASUS ノートパソコン TransBook T90CHI-3775 Windows10/8.9インチ/ダークブルー (JUGEMレビュー »)

ちょっともっさりしているものの、サイズはベスト。キーボードが使えてて程よいサイズ。
RECOMMEND
ASUS ノートブック X205TA ホワイト ( WIN8.1 BING-32B / 11.6inch / Z3735F / eMMC 64GB / 2GB / BT4.0 ) X205TA-B-WHITE
ASUS ノートブック X205TA ホワイト ( WIN8.1 BING-32B / 11.6inch / Z3735F / eMMC 64GB / 2GB / BT4.0 ) X205TA-B-WHITE (JUGEMレビュー »)

ASUSはホント、コスパがいいけれど、ずぶの素人さんにはチャレンジかも。
RECOMMEND
RECOMMEND
リーペリン ウスターソース 290ml
リーペリン ウスターソース 290ml (JUGEMレビュー »)

本当のソース。日本のソースとは一線を画す。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
【日本正規代理店品】Elementcase ION 6 - Fire Red w/Carbon Fiber EMT-0016
【日本正規代理店品】Elementcase ION 6 - Fire Red w/Carbon Fiber EMT-0016 (JUGEMレビュー »)

樹脂系のケースとしては高めだが、クオリティは高い。 Magpulと双璧であろうというタフさ。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi
リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi (JUGEMレビュー »)

RBK-2300BTiからの乗り換えです。特に変わったことはないのですが、iOS専用キーなど使い勝手は向上しています。
RECOMMEND
RECOMMEND
【代引・振込クーポン付】【代引き手数料無料!】【combi30_f2plus】【3年保証付】★シートライナー付★ 【combi コンビ】 F2 Plus(F2プラス) AD-300(AD300) ライジングレッド(RD) 【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】
【代引・振込クーポン付】【代引き手数料無料!】【combi30_f2plus】【3年保証付】★シートライナー付★ 【combi コンビ】 F2 Plus(F2プラス) AD-300(AD300) ライジングレッド(RD) 【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】 (JUGEMレビュー »)
軽量化されているとは言え、女性には軽いとはいえないでしょう。広告イメージのハイヒールのお母さんが軽々と、はちょっと無理があるのではないでしょうかね?
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Fiat 500 & Panda: (04-12) 53 to 61 (Haynes Service and Repair Manuals)
Fiat 500 & Panda: (04-12) 53 to 61 (Haynes Service and Repair Manuals) (JUGEMレビュー »)
Martynn Randall
クルマ好きにとってのクルマのお助け本のベスト
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
現在時刻
訪問してくださった方(人数)
訪問してくださった方(地方)
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS